26日目。土曜日。
GWの動き鈍い。
ステイホーム週間。
他の通りがどうかわからないが、
店の前の通りは、間違いなく少ない。


27日目。日曜日。

弁当、友人たちのご利用多。
ありがたい、感謝。

緊急事態宣言期間延長決定。


夜、知人の不動産屋からの電話。
心配してくれていたようだ。

疎遠になっていた人たちから、
応援が届く。
冷静に考えてみれば、
自分の住んでいる場所も業種も
渦中の場の一つ。

いままでガムシャラだったから、
忘れてたけど、
心配される側だったんだよね。

東京都自粛宣言からの来店者の激減、
テイクアウトの形構築、
消費税の納税延長、
融資の申し込み、
持続化給付金申請、
協力金申請、
雇用調整助成金の手続き、
ようやくひと段落。

非日常は変わること無く、
そのまま日常になりつつある
ここ数日。

観光客が激減したベネチアの水は澄み、
北極のオゾンホールは消滅したらしい。
(コロナの影響ではないといわれてるけど)

世界のCO2排出の量は、経済活動の停滞で
大幅に減ったらしいけど、
それでも京都議定書のCO2削減目標は、
達成が難しいとのこと。

コロナ混乱ついでの9月入学の議論が活発。


中華店で火災があった。
どうやら店主の自殺の様相。
商店会活動に積極的だったようだけど、
今後を悲観して、鬱になったのかもしれない。
悲しい話だよ。

老舗洋食店の閉店の話。
高齢の店主のモチベーション維持の限界。
今、自分はなんとか頑張れてるけど、
10年後だったら同じ道を
たどったかもしれない。

常連さんから7月に廃業を決めた店の話を
聞いた。
3ヶ月後、
どれだけの同業者が廃業になるのだろう。


それでも自分は、
やり続けるしかないんだよね。
この世界の状況にフィットした業態を
見つけるしかない。

第2波に備えて。

……

2度目のテレ飲み。
テレ飲み経験者が同じことを言うが、
参加者の気の抜け方がハンパない笑
終わり方がわからない、
飲みすぎる、
帰宅する心配がない。

ライフスタイルは、
大きく変化しているね。