24日、木曜日。

融資決定の封書が届いた。
一安心。


25日目、金曜日。

雇用調整助成金の提出書類確認で、
朝から、青色申告会へ。
都の通達で、
本来ハローワークがすべき提出資料のチェックをしてくれている。
本来なら、社労士の仕事であるけれど、
社労士にお願いするのは、コストがかかる。
今は、その余裕はない。

ハローワークはパンクしている。
本当に助かった。

ただ、青色申告会は、
社労士の集いではないわけで、
細かな数値に関しては
ハローワークで確認してくださいとのこと
だった。

この細かな数値が本当に厄介。
この細かな数値がずれると、
もう一度資料を戻される。
いつ、助成金がおりるかわからない状況で、
事業主は休業している従業員に
休業手当分を払い続けなければいけない。
不安しかない。

報道によると、
3000件近くの申請中、
ようやく200件程度の助成金がおりた 
とのこと。
やっぱり平常時のフォーマットは
非常時には役に立たない。
早くそれに気付いて欲しい。


……

自粛ポリスなるもの達の出現。
自粛要請の範囲で営業しているにも関わらず、
営業さえしていないにも関わらず、
張り紙をする人達。

せめて、自粛要請を無視している事業所に 
張り紙をするなら、理解できるけど、
その自粛要請を無視している事業主ですら、
続けざるを得ない理由がある、
場合もある。

事業所の運営が止まることによって、
生きていくことが困難になる人たちもいる。
これもまた、コロナの被害者。


緊急事態宣言期間は、5月末まで
延長の見通し。

さて、どうなることやら。