image



酒呑みにとってのバイブル誌『古典酒場』の倉嶋編集長が主催する、古典酒場講座に半年間、参加してきました。

今のディズにとって、多大な影響を受けた雑誌の編集長の講座ですから、
私にとっては、神講座!

その第四期最終章が先日おこなわれたのですが、その時のトークゲストが埼玉・みそだれ『きよし』のマスター!?

そうです、ご存知の方もいらっしゃいますね!きよしのマスターは、ディズの元祖マスターであり、僕の実の兄である、裕一兄さんでした!

きよしマスターは、多少の酒の力を借りながら、エンターテイメント的酒場談義で、会場を笑いの渦に巻き込んでました。

すげーよ、兄ちゃん!あんた、すげー!
倉嶋編集長、感謝!
貴重な1日、そして酒場愛に溢れた半年間の講座をありがとうございました!

・・・・・・・

最近よく考えるですよ、、、
僕たち酒場が売っているものって何なのかなぁ、ってね、、

酒、つまみはもちろんですが、
それ以外に酒場が売っている大切な何か、、

それは、店主やお店だけが作ることが出来る『空気感』だったり、そこだけで流れている『時間』だと思うのです。

良き酒の『場』。

軽々しいグルメサイトを読むだけでは絶対に味わえない、無骨だったり、粋だったり、時にはドSだったり、ドMだったりする(笑)、それぞれの店の『場』。

今度ディズにいってみよう!
と興味を持たれた方は、
こだわりの焼き鳥、
やさしい店長の接客、
無愛想な私の接客、
マナーの悪い人にイライラし注意する私、
それをフォローするスタッフの振る舞い(笑)
常連さんとの日々の他愛ない話、、

そんな当店の場もじっくり味わって欲しいと思っております。