先日、米国本社のCoca-Colaのナンバー2、つまり時期社長が、
高円寺の街を視察するとのことで、当店もその視察団に協力することになりました。
1週間ほど前より看板を置いたり、ポップを飾ったり、なんやかんや。

昔から持っていたビンテージのCoca-ColaTシャツにサインしてもらおうかと準備したり、
そのついでに、子供の頃からお世話になった思いを伝えようと
ラブレターを用意してしていたのですが、
視察団一向は、すら〜と当店をスルーしていきました。

悔しい〜!!なのでその内容を記します。

 “子供の頃から、Coca-Colaが好きだった。
  遊び疲れて帰って来て、母親の目を盗んで飲むCoca-Colaは
  格別だった。
 
  1980年代のヨーヨーフィーバー!僕は小学生。
  ギャラクシーヨーヨーに子供たちみんなが夢中になった。
 
  ちょっと大人になってからは、the Doobie Brothersの
  プレミアムレコード!!
  LISTEN TO THE MUSIC を何度も聞いた。
 
  最高!!
 
  子供の頃からの大好きだった憧れのCoca-Cola。
  きっとFUKUSIMA の子供たちにも
  素敵な思い出をたくさん作ってくれるに違いない。
  大きくなった彼らは、Coke-Colaが残してくれた
  多くの思い出に感謝するだろう!

  WE LOVE IT , Coca-Cola!! ”


届けられなかったCoca-Colaへのメッセージ・・・。

でも、まぁ、ちょっとずつでいいから、
僕たちはそんなことができる企業になっていけたらいいなと思ってます。