いつも元気でいてくれてありがとう。
ママや赤ちゃんの面倒みてくれてありがとう。
父ちゃんのお店は、8月8日で11歳になったよ。

お前はその記念すべき日に、お店で大暴れ。
父ちゃんの真剣ギターライブ途中にマイク奪って、ワーワー騒いで。
スタッフの子も困ってたぞ。
家に帰ってから、父ちゃんにこっぴどく叱られたな。

まぁ、それも思い出の一つだなぁ。

この前、試食した親子丼を
エラく気に入って、いつも‘食べたい!’と騒いでるな。
父ちゃんはうれしいぞ。また、作ってあげるよ。

おまえが生まれた時、父ちゃんは店を辞めようか真剣に悩んだ時だった。
鶏インフルエンザっていう、鶏の病気が流行ったんだ。
誰が悪いわけじゃないんだよ。
生きていると、ドシャ降りの雨の日もあるんだ。

でもさ、その時思ったんだよ。
店を辞めるのは、やれること全部やってからにしようってね。
そんでも駄目だったらやめようってね。
その位やらないとさぁ、負け癖がついちゃうんだよ。
素質に頼っちゃ駄目だ。あまい自分に流されちゃ駄目だ。
体も脳みそも必死になって負けるのは仕方ない。そういうときもあるから。

そんなんでなんとか必死にやってたら、いつの間にか雨も止んでたよ。
気が付いたら11年か。
降りやまない雨なんかない、ってよく言ったもんだよな。
父ちゃんにとっても、とても重要な経験だったよ。

今までお店が続いてきたのも、スタッフのみんなや
素敵なお客さんがいるおかげだなぁ。感謝しなきゃ。

  皆さん、本当にありがとうございます・・・!

感謝の気持ちは忘れるなよ。
お前は、いろんな人に支えられて生きているだよ。


さぁ、まだまだ楽しい夏休みがつづくから、
体壊さないように、元気でいこうな。

父ちゃんも腰・膝直してがんばらなきゃ。