調べたわけではありませんが、
日本で育児休暇を用意出来ている企業って、
そんなにないと思います。
中小企業の多く、つまりほとんどの日本の企業では
女性は結婚して出産を向かえたら退社していく、のが
現状かと思います。

出産後、家計の足しを作るため、
成長した我が子を保育園に預けたい。
だけど、
幸いにも育児休暇が認められている会社に勤めていた
お母さんとちがって、
出産を機に退職したお母さんは仕事をしていないので、
子供を面倒みることができますねと判断され、
入園の順位は低い・・・・・

なんかおかしいでしょう?

夫婦共々働いている、それではお子さんを面倒見る人はいませんね、
では保育園がお子さんを預かりましょう・・・ではなくて
夫婦共々稼がなきゃ家計が成立しません、だから
わが子を保育園で預かってください、
その間に職をみつけます!その後も仕事つづけます!っていう
気持ちの人が多いわけです、本来は。

子育てに関しては、国も自治体も、もうちょっとというか、
本腰いれてかなり意識を変えていかないとだめなんです。

子供は、国の未来ですから。