何事でもそうですが、物事には‘理想’がないと、発展も成長もないと思います。
お店を運営するにあたっても、そして自分の人生においても、
ああしたいなぁ、とか、こうなりたいなぁとか、
常に理想は持ち続けたい。
だから、張りのある毎日を過ごすことができます。

松坂投手?は言ってます。
日々は目標(ある意味‘理想’)に支配される、って。

が、しかーし!!
そこには‘現実’といういじわるな輩が
たちはだかるんです。
たとえば時間であったり、お金であったり、住んでいる場所だったり、
複雑な人間関係であったり。
それと、だらしない自分だったり。

そんな意地悪な現実(言い換えれば条件)とうまく折り合って
結果を出している人が
人生のプロであったり、
一流なのかなぁ、と思ったりします。

はやくそんな大人になりたい・・・理想。